アメックスカードの締め日と支払日はいつ?支払日の変更方法も解説

©株式会社ブレイク・フィールド社

アメックスの締め日と支払日の関係を解説

アメックスの締め日と支払日は1つに決まっておらず、実は以下のようにいくつかのパターンがあります。

アメックスで一番多いのが「19日前後の締め日、翌月10日の支払日」となっています。

ただし、この締め日と支払日のパターンは、アメックスが発行するクレジットカードのみに適用されます。

セゾンアメックスなど、アメックス以外が発行している会社は締め日と支払日が違いますので注意してください。

アメックスの提携カードの締め日と支払日は異なるので注意

セゾンアメックスなどの提携カードは、発行会社がアメックスではないため、締め日と支払日が違います。

セゾンアメックス、楽天アメックス、MUFJアメックスでは、締め日と支払日は1つのパターンのみとなっていますので、しっかり確認しておきましょう。

締め日と支払日が土日祝日の場合は?

カードの締め日が土日祝日の場合であっても、締め日の変更はありません。

カード利用代金の集計期間は変わらず、いつもの締め日まで利用代金がカウントされます。

ただし、支払日が土日祝日の場合は、次の銀行の営業日まで支払いが持ち越されます。

例えば、支払日の10日が土曜日だった場合は、翌週月曜日の12日(月)に利用代金が引き落とされることになります。

支払日が土日祝日だった場合は、実質支払日が遅くなります。

アメックスの締め日と支払日を確認する方法

アメックスの「締め日と支払日」は、カードを作った当初は自分で選ぶことはできず、カード利用代金を引き落とす金融機関によってアメックスが決定する仕組みとなっています。

自分の締め日と支払日は、アメックスのWEBサービスやコールセンターで確認することができます。

WEBサービスで確認

アメックスには会員専用のオンラインサービスがあり、そこにIDとパスワードを入力してログインすると、締め日を確認することができます。

ログイン後のトップ画面にある「利用金額」の項目に、締め日が記載されています。

オンラインサービスを利用するには、まず初期設定が必要です。

まず、初期設定の画面で、手元にあるクレジットカード番号とセキュリティコードを打ち込みます。

そして、希望するユーザーIDとパスワード、本人確認用の質問と答えの設定、電話の問い合わせに必要な電話番号、暗証番号の設定を行います。

そして、メールアドレスを入力すると登録完了です。

アメックスのオンラインサービスでできる主なことは、

__・限度額の確認
・獲得ポイントの確認や交換
・支払方法の変更
・登録情報の変更
・オンライン明細サービスへの変更__

となっています。

アメックスをより便利に使えるようになりますので、オンラインサービスの登録は早めにすませておくようにしましょう。

コールセンターで確認

アメックスの締め日と支払日は、コールセンターに電話して聞くこともできます。

アメックスの種類によって電話番号が違うので注意してください。

・主なアメックスの問い合わせ番号

アメックスの締め日と支払日は簡単に変更できる!手続きの方法を解説

アメックスの締め日と支払日は、最初はアメックスが決定します。

ただ、「お給料日のすぐ後に支払いをしたい」「お金の余裕があるタイミングを支払日にしたい」など、支払日を変更したい場合もありますね。

アメックスでは、カードを作った後に自分のライフスタイルに合った支払日に変更することができます。

支払日を変更できるのは「コールセンターのみ」となっていますので、自分のアメックスの問い合わせ番号に電話をしましょう。

ただし、引き落としをする銀行によっては、できない場合もありますので、コールセンターのオペレーターに確認してください。

締め日と支払日はセットになっており、支払日を変更した場合は、締め日も変わりますので注意しましょう。

まとめ

アメックスの締め日と支払日は3種類あり、最初はアメックスが決めることとなっています。また、自分の締め日と支払日は、オンラインサービスやコールセンターで確認することができます。

締め日を把握しておくと、「カード決済を数日送らせて、支払いを約1ヶ月先延ばしにする」など、臨機応変な使い方ができますので、しっかりと締め日と支払日を確認しておくようにしましょう。

執筆者:FINANCIAL FIELD編集部

The post first appeared on .