メッセージfrom...

©株式会社VOTE FOR

防災危機管理室の秋林直紀です。防災に関する業務や、空き家の相談受付業務を担当しています。7月から10月までは、台風の発生確率が高い期間と言われています。いざというときにすぐに避難できるよう、万全の備えをしておきましょう。
ところで、台風の名称は、台風防災に関する国際機関「台風委員会」が決めています。名称にはそれぞれ意味が込められているようですので、注目してみてはいかがでしょうか。