政府、年末年始の休暇延長を要請

初詣、帰省の人出増回避へ

©一般社団法人共同通信社

新型コロナウイルス感染症対策分科会であいさつする西村経済再生相=23日午後、東京・永田町

 政府は23日、新型コロナウイルス感染症対策分科会を開いた。年末年始の初詣や帰省による大幅な人出の増加を回避するため、休暇の延長や分散取得などの対応策を議論した。西村康稔経済再生担当相は来年1月11日の成人の日まで休みを延ばすといった措置を取るよう企業に要請する考えを示した。1月3日が日曜日のため「初詣などによる人出が三が日に集中する」と指摘した。

 西村氏は休暇延長について、経団連と日本商工会議所、経済同友会の経済3団体を通じて企業に呼び掛け、自治体などにも延長を求めると述べた。