住宅地で捕獲のタランチュラ、名乗り出た飼い主に返還 日立署

©株式会社茨城新聞社

捕獲され返還されたタランチュラ

日立市内の住宅街で22日に発見された毒性のある大型クモ「タランチュラ」について、日立署は23日、名乗り出た飼い主にクモを返還したと発表した。

同署によると、同市内の男性(56)が同日午前、「自分が飼っているクモではないか」と申し出た。同署で確認し、飼い主と判断した。

タランチュラは22日午前8時半ごろ、同市高鈴町の住宅街で散歩中の女性が見つけた。同署が捕獲、拾得物として保管していた。体長約8センチで、表面の毛に触ると刺されることがあるが、毒性は強くない。