「ワーケーションに関する意識調査」、一般女性の86.4%が「やってみたい」と回答

©株式会社マイナビ

ビートルはこのほど、全国の若年層女性・国内旅行や写真撮影を趣味とする女性471名を対象にワーケーションに関する意識調査アンケートを実施し、結果を公表した。

ワーケーションとは、ワーク(労働)とバケーション(休暇)を組み合わせた造語で、観光地やリゾート地など好きな場所で旅行をしながらリモートワークをする働き方のこと。調査では「ワーケーションをしてみたいか」「ワーケーションをするならどんな場所に行きたいか」「現在の仕事はリモートワークが可能か」などワーケーションに関するアンケートを取得した。

調査の結果、「今後ワーケーションをしてみたい」は86.4%と非常に高く、今現在若年層女性はワーケーションに強い興味を持っていることがわかった。

また、「ワーケーションをするならどんな場所に行きたいか(複数回答可)」という質問では、「温泉地」を希望した人は全体の74.5%、「のどかな田舎町」を希望した人は全体の62.8%と人気だった。

それに対し、「有名な観光地」を希望した人は全体の37.8%、また「華やかな都会」を希望した人は全体の17.8%という結果だった。有名な観光地や都会よりも、「田舎町」が人気という結果はワーケーションならではの特徴であり、一般的には「田舎」と言われる市町村でもワーケーションという視点であれば、新たな観光誘客が可能であると考えられる。

「ワーケーションに関する不安なことはありますか(複数回答可)」という質問では、「金銭面がどのくらいかかるかわからない」が全体の71.8%で最も多い回答だった。その他には「ワーケーションが初めてなので不安」が全体の40.1%、「車の運転ができないので交通アクセスが不安」が全体の35.2%と続いた。

これらの結果から、ワーケーションに関しては情報不足(口コミや体験談、WEBでの情報、SNSでの情報など若年層女性が入手しやすいツール上での情報)という課題が浮き彫りになった。