不安げに「電子マネーは…」 高齢客の詐欺被害、コンビニ店員が防ぐ 神奈川県警から感謝状

©株式会社神奈川新聞社

荒井政晴署長から感謝状を受け取る中田友歌さん(右)=海老名署

 特殊詐欺の被害を防いだとして神奈川県警海老名署は23日、海老名市柏ケ谷のローソン海老名かしわ台店従業員中田友歌(ゆうか)さん(27)に感謝状を贈った。

 中田さんは13日夕、同店で電子マネーの購入方法を尋ねてきた70代の男性に応対。メモを手に、不安そうな様子だったため声を掛け、警察に連絡するようアドバイスした。その後、男性は署に連絡。事前にパソコンに表示された電話番号に連絡したところ、電子マネーの購入を指示されていたことが分かった。

 荒井政晴署長から感謝状を手渡された中田さんは「お客さまの被害を防げてよかった」と話した。

 署によると、管内の今年8月末時点の特殊詐欺被害は25件、約4260万円で、前年同期に比べ増えている。