ブルックリン・ベッカム、結婚式が再来年に延期へ

©BANG Media International

ブルックリン・ベッカムと婚約者ニコラ・ペルツは2022年まで結婚式を延期することにしたという。新型コロナウイルス感染拡大による、招待客の人数制限を回避するためだとされている。

英コッツウォルズと米フロリダ州の2か所での挙式を予定していると言われている2人について関係者がザ・ミラー・オンラインにこう明かした。「当初お互いの親しい友人達に2021年9月を空けておくよう伝えていました」「しかし今週に入ってブルックリンは、あまりにもリスキーなので延期することにしたと友人達に話したのです」「予定を立ててはまた延期、招待客の人数も制限するというのは彼らの望むことではありませんから」

そんな2人の結婚式については先日ベッカム家が総出で準備していると報じられてもいた。

父デビッドが司会、母ヴィクトリアがニコラのドレスをデザイン、そして妹ハーパーはチーフ・ブライズメイド、弟のロメオとクルスはベストマンの役割を担う予定だそうで、別の関係者がこう話していた。「ブルックリンは彼の両親と同じく、非常に家族思いなんです。兄弟はとても親しく、家族であり親友なのです」「いつも注目される家に生まれ、ブルックリンは信頼しきれる誰かにベストマンをして欲しかった。それが家族だったというわけです」「全員がそれぞれの役割を果たし、披露宴では合同のスピーチもあると思います」

また、昨年には自身のブランドからブライダルラインを発表しているヴィクトリアは既にニコラのドレスのデザインに勤しんでいるそうで、同関係者は「本当に喜んでいますし、(ドレスのデザインについて)もちろん信じられないほどの名誉だと感じていますよ。ニコラは綺麗な女性ですし、何を着ても似合いますが、ヴィクトリアは洗練されたモダンでミニマルなデザインを得意としています。派手なものでは決してないでしょう。とてもクールなタキシードもオプションにあります」と続けていた。