巨人が無敵ドームで天敵・西勇を初攻略 V2へ「M5」カウントダウン開始

©株式会社東京スポーツ新聞社

5回、適時打を放った坂本は笑みをのぞかせる

巨人が唯一の〝天敵〟阪神のエース・西勇を今季初めて攻略し、優勝へのマジックを「5」とした。23日の阪神戦は本拠地・東京ドーム。ここでの対戦成績は8勝1敗と圧倒的だが、一方で西勇との対戦となると1完封負けを含む0勝3敗と大の苦手としていた。

しかし、今はV目前で、チームの勢いが違う。相性の悪い相手でも目指すものがある〝パワー〟がこの日の試合展開にも表れた。

2回一死から5番・丸がカウント3―1からの5球目、真ん中のスライダーをコンパクトながら鋭く振り抜いた。「とにかく塁に出ることを考えていました。一振りで仕留めることができましたね」と振り返る打球は、バックスクリーンへ飛び込む先制の23号ソロ。マルテら阪神守備陣の度重なる拙守で、この回さらに2点を加え主導権を握った。

さらに3―1で迎えた5回には無死一、三塁の好機に3戦連続打点中の好調・坂本が西の内角シュートに鋭く反応。「みんながつないでくれたチャンスだったので、かえせて良かったです」と2000安打まであと「12」と迫る左前適時打で4点目を奪うと、なおも一死満塁で6番・若林が前進守備の三遊間を抜く適時打を放ち5点目。西勇を今季最短の5回5失点(自責2)でマウンドから引きずり下ろした。

投げては前回登板のDeNA戦で6回無失点に抑え「日本シリーズに向けて非常にいい追い風。間違いなくこれで戦力がもう一枚加わった」(宮本投手チーフコーチ)と評価を上げた左腕・今村が落ち着いた投球。8回途中3失点で9月5日阪神戦以来の4勝目を挙げ、田口が5連投で今季初セーブをマークした。

一時湿りがちだった打線も復調傾向。歓喜の瞬間に向け、ラストスパートだ。