桜井日奈子 光のトンネルを「ドレスのまま駆け抜けたい!」

©株式会社ジェイプレス社

大井競馬場で『東京メガイルミ 2020-2021』が10月24日からオープンする。それに先立ち、23日、東京メガイルミに光を灯す点灯式が行われ、女優の桜井日奈子が出席した。

ポニーの馬車に乗って登場した桜井は「馬車に乗って登場出来ると言う事で、馬車と言えばシンデレラじゃないかな!と思って、白いドレスを着させていただきました……ただ、馬車と言えばって感じの馬車じゃなくて……(笑)、ポニーが可愛かったです」と想像と違う可愛らしい馬車だったので戸惑った様子だった。

ドレスについては、「結構、胸元もザックリ開いているので、緊張でドクドクしています」と気持ちも高まっているようだ、そして。MCから「天気が心配だったんですけど、雨もすっかり上がって、桜井さんは『晴れ女』ですか?と聞かれ「晴れ女です!晴れの国、岡山出身なんで」とニッコリ答えた。

競馬場の印象を聞かれ「大井競馬場はスケールが大きい!1日でまわり切れるのだろうかと思えるくらい広いので、圧巻ですね」と感心していた。

いよいよ、『東京メガイルミ』の光の噴水ショーが点灯されると「すっごくきれい!高いんですね!あんな高くまで水が上がるんですね、生で見ると違いますね」と大興奮!

また、本点灯式では披露されなかったが“オーロラ”も見られると聞いた桜井は「え~はぁ~『オーロラ!』見たいです」と声をひっくり返して驚き、別の日にオーロラを見に来ると誓っていた。

点灯式後の囲み取材は、長さ100メートルの“江戸桜トンネル”で行われ、感想を聞かれた桜井は「もぉ~ワクワクしちゃうので……私なんかこのドレスのままで駆け抜けたいと思ってしまいます」と乙女心に火が付いたよう! 誰と来たいか?と聞かれ「夜のロマンティックなシチュエーションにイルミネーションの煌びやかな感じがテンション上がってしまうので……ん~やっぱりカップルかな!思い出深い場所として2人の記憶に刻まれると思うので……」と笑顔で答えていた。

『東京メガイルミ 2020-2021』は10月24日から、冬季限定で競馬のない日に行われる。