「アナ雪」シリーズ最新作『オラフの生まれた日』日本初公開!

©株式会社近代映画社

ディズニー公式動画配信サービス「Disney+ (ディズニープラス)」にて、映画『アナと雪の女王』シリーズの大人気キャラクター、オラフが主人公のディズニープラス オリジナル短編アニメーション作品『オラフの生まれた日』が、2020年10月30日(金)より日本初独占配信される。

「アナ雪」シリーズ最新作が日本初公開!オラフ誕生のひみつが明らかに!

世界中で大ヒットを記録した映画『アナと雪の女王』シリーズに登場する大人気キャラクター、オラフ。その誕生のひみつを描いた、ディズニープラス オリジナル短編アニメーション作品『オラフの生まれた日』が、2020年10月30日(金)からディズニープラスで日本初独占配信開始される。

本作は、アカデミー賞受賞『アナと雪の女王』から生まれた、無邪気で人懐っこくてハグが大好きな、夏を愛する雪だるまのオラフの誕生のひみつをひも解く、ディズニープラスのためだけに新たに書き下ろされた短編アニメーション。物語の舞台は、アレンデール郊外の山の中。命を宿したオラフが、自分が何者でなぜ生きているのかを知ろうとする姿を、『アナと雪の女王』でアナとクリストフがエルサを追い、探し求めるシーンと並行して描かれていきます。監督は『アナと雪の女王 2』でオラフのアニメーション・スーパーバイザーを務めたトレント・コリー。おなじみのアナ・エルサ・クリストフも登場し、「レット・イット・ゴー ~ありのままで~」の歌唱シーンも楽しめる。

配信に先駆け、日本語版予告編が解禁。エルサが歌う「レット・イット・ゴー ~ありのままで~」から始まり、アナも登場。さらになぜかオーケンの店を訪れ、自分の名前は何なのか、自分は何者か、をコミカルにテンポよく問うオラフが描かれている。離ればなれになった姉妹をつなぐ大切な存在のオラフ。命を吹き込まれたその日をどう過ごしたのか?あの楽観主義は生まれつきなのか?ぜひ本作で確かめよう!

【公式】Disney+(ディズニープラス)