人気俳優が原作漫画を「あえて読まない」理由

©BuzzFeed Japan株式会社

Photo by 黒羽政士 伊藤健太郎

『今日から俺は!!』のヤンキー高校生、『弱虫ペダル』のクールな自転車部員…。

漫画原作のキャラクターを巧みに演じ、鮮烈な印象を残してきた伊藤健太郎だが、実は「原作を読み込みすぎない」というマイルールを課しているという。

やはり漫画を原作とする映画『とんかつDJアゲ太郎』(10月30日公開、二宮健監督)で主人公のライバルDJ役を演じる伊藤に、その理由を聞いた。

生身の人間が演じる意味

Photo by 黒羽政士

――あえて原作を読まないようにしているというのは本当ですか。

そうですね。僕らが演じているのはアニメではないので。

――その割には『今日から俺は!!』の伊藤真司も、今回の『とんかつDJアゲ太郎』の屋敷蔵人も再現度が高くて「そのものじゃん!」と思ってしまいました。

台本がつくってくれた人物像があったので、それに沿ってやらせてもらっただけです。実写化する以上は「実写化した意味」を見出さないといけない。その責任があると思うんです。

完全に漫画の通りにやってしまったら、あまり実写化する意味がないと思って演じています。

――だったら漫画を読めばいい、ということになってしまいますもんね。

漫画に沿わないといけない部分は、衣装部さんやメイクさん、監督がつくってくれる。生身の人間が演じる意味っていうものは、僕らが出さないといけないと思います。

大切なルーツ

Photo by 黒羽政士

――主人公・アゲ太郎の師匠、DJオイリーは「ルーツを知って継承していく。そうやってクラブカルチャーは続いていくんだよ」と語っています。伊藤さんが大切にしている「ルーツ」はありますか。

地元の仲間ですね。中学・高校の時に仲の良かった友達は、やっぱり一番大事です。

そこから自分自身、伊藤健太郎というものができあがったので、それを忘れたら多分ひどい人間になってしまう気がします。

初舞台の「魔物」

Photo by 黒羽政士

――劇中のセリフでは「初舞台に棲む魔物に勝って、みんな一人前になっていく」という言葉も印象的でした。伊藤さんはドラマ『昼顔』がデビュー作ですが、うまく「魔物」に打ち勝てましたか。

いや、全然ですよ。芝居の“し”の字もわからない状態で怒られていたので、なんで怒られてるのかわからなかった。

「違う」と言われても何が違うのかわからないし、その説明をされても「何を言ってるんだろう?」みたいな。

悔しさが原動力に

『とんかつDJアゲ太郎』 渋谷の老舗とんかつ屋の跡取り息子であるアゲ太郎は、とんかつもダンスフロアもアゲられる「とんかつDJ」を目指し、落ち目のDJに弟子入りを志願する。猪突猛進するアゲ太郎の前に、ライバルDJの屋敷蔵人が現れて‥。(10月30日公開、配給:ワーナー・ブラザース映画)

――それでも続けてこられたのはなぜでしょう。

初めて受けたオーディションに落ちて、すごく悔しかったんです。悔しさだけで、ほかの感情は何もなかった。

「この悔しい気持ちがなくなったら、芝居をやめてもいい」ぐらいな感じだったんですけど。

その悔しさはいまだになくなりませんが、気づかないうちに(芝居を)すごく好きになっていたというか。だから10代のころは「超楽しい!」みたいな思いはあまりなかったんです。

挫折を挫折と思わない

Photo by 黒羽政士

――意外でした。カメレオンのように様々な役になりきっているので、すごく器用な方なのかなとばかり。

いえいえ、とんでもないです。

――映画でアゲ太郎は大きな挫折を経験しますが、伊藤さんにもそういう体験があったのですね。

後付けになっちゃいますけど、それはすごくあったと思います。

ただ、端から見たらたぶん挫折なんでしょうけど、自分ではあんまり挫折と思ってないんですよ。割と気楽な気持ちだから続けていられる、っていうのはあるかもしれません。

Photo by 黒羽政士

〈伊藤健太郎〉 1997年生まれ、東京都出身。モデルを経て、2014年にテレビドラマ『昼顔』(フジテレビ系)で俳優デビュー。近年、ドラマ『今日から俺は!!』(日本テレビ系)や連続テレビ小説『スカーレット』(NHK)など、話題作に出演。映画『コーヒーが冷めないうちに』で、2019年の日本アカデミー賞の新人俳優賞と話題賞を受賞した。今年も映画『今日から俺は!! 劇場版』『弱虫ペダル』など出演作が相次いで公開され、注目を集めている。