【MLB WS】ド軍ビューラー、史上初の奪三振ショーに指揮官大興奮「本当のエリートの仲間入り」

©株式会社Creative2

ワールドシリーズ第3戦で好投しポストシーズン2勝目を挙げたドジャースのウォーカー・ビューラー【写真:AP】

ビューラーは6回10奪三振1失点、6イニング以下での2桁奪三振はWS史上初

■ドジャース 6-2 レイズ(ワールドシリーズ・日本時間24日・テキサス)

ワールドシリーズは23日(日本時間24日)、テキサス州アーリントンで第3戦が行われ、ドジャースはレイズに6-2で快勝。対戦成績を2勝1敗とした。レイズ・筒香嘉智外野手は8回に代打で登場し、ワールドシリーズ初出場。結果はニゴロだった。

ドジャース先発のビューラーが圧巻の投球を見せた。初回から13者連続アウト。5回2死二塁からアダメスの適時二塁打を許したが、6回のアウトは全て空振り三振を奪う力投で寄せ付けなかった。6回10奪三振3安打1失点。6イニング以下で2桁奪三振を記録したのはワールドシリーズ史上初めてだ。ロバーツ監督は「直球の制球、変化球のキレ、カーブも本当に良かった。オースティン(バーンズ)も素晴らしい仕事をしてくれた」と称賛した。

レギュラーシーズンでは1勝にとどまったが、ポストシーズンでは17日(同18日)のブレーブスとのリーグ優勝決定シリーズ第6戦に続く2勝目。「彼がこのような短い期間で成し遂げたこと全てを理解することができない。ビッグゲーム投手としてこの舞台で本当に成功している。そうした選手は現役でも過去でも数少なく、本当のエリートの仲間入りをしている。彼がドジャースのユニホームを着ていて嬉しい」と称えた。

打線は初回、ターナーの左越え1号ソロで先制。3回にマンシーの中前2点打、4回には小技を絡めて2点を追加し試合の主導権を握った。「選手たちの力だ。全ての打席で戦っている。今夜は2アウトからのマンシーのヒットが本当に大きかった。もちろんJT(ターナー)の本塁打も。2アウト、2アウトでない状況でも、どのようなスコアでも、全ての打席で戦っている」と打線にも手応えを感じていた。(Full-Count編集部)