20~30代の“スマホ老眼”が増加! ピントずれに効く「簡単改善」メソッド

©マガジンハウス

目の中の筋肉が疲れてやがては老眼に!?

視線を近くから遠くへ、遠くから近くへ急に移すと視界がぼやける、という人は要注意。

「近くを見る時間が長くなると、目の中でピント調整を司る毛様体筋という筋肉が緊張し続けて疲れ切ってしまいます。すると近くを見るにも遠くを見るにも毛様体筋の調整機能が追いつかなくなり、ピントが合わせづらくなります。症状が進むと“スマホ老眼”に代表される調節異常を来すことも」(眼科医・林田康隆さん)

目の中のレンズにあたる水晶体の厚みを毛様体筋が調整し、網膜にピントを合わせて画像を映し出すとモノがくっきり見える。しかし毛様体筋が過緊張状態になるとピントが合わず画像がぼやける。

スマホ老眼が増加!

老眼とは、水晶体の調整機能が衰えて近くが見えづらくなること。老化現象とされていたが、近年はデジタルデバイスを長時間使うことで起こるトラブルである“テクノストレス眼症”に伴う20~30代の“スマホ老眼”が増えている。

ピントずれにアプローチ! 改善メソッド。

指スライドでピント合わせのトレーニング。

毛様体筋の筋トレでピント調整力をアップ。
目から約10cmのところに人さし指を立て、指先を1秒見る。指先を見ながら腕を伸ばし、伸ばしきったところで1秒置いてゆっくり戻す。これを10回繰り返す。

意識的に遠くを見るようにする。

自然の景色を眺めて目と脳をリラックス。
パソコン画面など近いところを長時間見ることが多い人は、休憩時間や移動時間などに意識して遠くを見る。緊張し続けの毛様体筋を緩めて、休ませよう。

ピントずれにアプローチ! 改善グッズ。

目の働きを助けるアントシアニンを摂取。

ポリフェノールの一種アントシアニンには、目の働きをサポートする効果が。ピンボケを感じる人は、積極的に摂取して。

健やかな毎日に果実の恵みを手軽に味わえる。

ブルーベリー約20粒分のアントシアニンを含む果汁入り飲料。濃厚なコクが美味でクセになる。世界の果実 ブルーベリーmix 200ml¥100*編集部調べ(伊藤園 TEL:0800・100・1100)

渋みのある煎茶のようななじみのある味わい。

アントシアニンが豊富なサンルージュ茶葉のティーバッグ。レモン果汁を入れると鮮やかな赤色に。日ノ茜PLUS 20P 20包¥2,800(吾妻化成 TEL:03・3239・0741)

目のトレーニング本で楽しく鍛える。

美しい写真を楽しむだけで、目が元気になる本が話題を集めている。「見る」ことを意識づけて、脳を活性化しよう。

ゲーム感覚で楽しめる、目がよくなる写真集。

目の疲れやピント調整改善などに役立つ写真を掲載。『1日1分見るだけで目がよくなる28のすごい写真』¥1,300(アスコム ascom-info@ascom-inc.jp)

“見る”力を鍛える美しい風景がたくさん!

見ればリラックスできる、美しい写真。ポスターつきなので壁に貼って日常的に鍛えて。『視力がぐーんとよくなる写真』¥740(マキノ出版 TEL:03・3233・7816)

林田康隆さん Y’sサイエンスクリニック広尾院長。日本眼科学会認定眼科専門医。著書『1日1分見るだけで目がよくなる28のすごい写真』(アスコム)が55万部のベストセラー。

※『anan』2020年10月28日号より。写真・中島慶子 イラスト・中根ゆたか 取材、文・風間裕美子

(by anan編集部)