大橋悠依が好記録で1位

競泳国際リーグ、東京が参戦

©一般社団法人共同通信社

 短水路(25メートル)で争う競泳の高額賞金大会、国際リーグ(ISL)は24日、ブダペストで1次リーグが行われ、初戦に臨んだ新規参戦の東京フロッグキングスは、女子200メートル個人メドレーで大橋悠依(イトマン東進)が2分5秒13の好記録で1位となった。18日に出した自身の短水路日本記録まで0秒04だった。

 男子200メートル個人メドレーは萩野公介(ブリヂストン)が1分53秒01でトップだった。

 大会はチーム対抗戦で、東京フロッグキングスは北島康介GMが率いる。新型コロナの影響により、ブダペストで合宿と試合を繰り返す集中開催方式となった。(共同)