編・集・後・記

©株式会社VOTE FOR

今号の表紙はサガン鳥栖。新型コロナの影響による活動休止や入場制限などで、例年とは異なるシーズンを戦っています。特に声を出した応援の制限は、スタジアムの雰囲気を一変させています。いつもなら響き渡るサポーターの声援に代わり、選手同士の声やボールを蹴る音が響くスタジアム。激しくボールを奪い合う選手の姿を、より身近に感じることができます。臨場感満点のスタジアムへぜひ、お越しください!(T)

広報担当になり早くも1年が経過しました。広報紙の編集をする中で、カメラ技術の低さや語彙力の乏しさを実感しています。今号でゆめさが大学鳥栖校について掲載していますが、募集から3週間程で定員が埋まったとのこと。私も本を読んだり、プロの写真を見てみたりしていますが、シニア世代の皆さんが「学びたい」という意欲を強く持っておられることを知り「もっと勉強しないと」と改めて思いました。(辰)