レンジと同時進行で時短!「鶏たまご&小松菜」そぼろ弁当

©アイランド株式会社

みなさま、おはようございます。料理研究家の「かめ代」です。

心が楽になる2品弁当。連載第61回目の2品弁当は

  • 鶏たまそぼろ
  • 小松菜そぼろ

のレシピをご紹介します。

今回は、鶏肉と卵のそぼろをレンジ調理で。そぼろをレンジ調理すると、お肉の汁気を飛ばせないのがお弁当おかずには難点。ですがそこに卵を合わせれば、卵が肉のうまみや汁気を吸って美味しい「鶏たま」そぼろに!まろやかな味になって栄養価もUPしますよ♪

野菜は調理が楽な小松菜で。レンジ調理している間に、フライパンでササッと。

同時調理であっという間、朝10分もあればできてしまいます。心が楽になる気軽な2品弁当。お試しください♪

レンジと同時進行で時短!「鶏たまご&小松菜」そぼろ弁当

1品目 鶏たまそぼろ

(材料)作りやすい分量 1~2人分

  • 鶏ひき肉 100g
  • 卵 1個
  • 酒 大さじ1
  • しょうゆ 大さじ1
  • 砂糖 小さじ1
  • おろししょうが 小さじ1/2

(作り方)

1.卵以外の材料をすべて耐熱容器に入れて混ぜる。

※よく混ぜて肉と調味料をなじませてからレンジ加熱してください

2.蓋をして、電子レンジで2分加熱する。

※蓋をしたままレンジ加熱できる容器(容量 850ml レンジ加熱温度500w)を使用しています

3.よく混ぜてから卵を割り入れ、さらに混ぜる。

4.再度、電子レンジ(500w)で1分加熱する。

5.よく混ぜて、卵が固まっていなかったら、追加加熱(30秒~1分)してよく混ぜる。

※しっかり火が通ったら泡立て器で上からトントンとくずすように混ぜると、細やかな鶏たまそぼろになります

※1~4で使用した箸はなまものを混ぜているため、最後の5の工程では使わないように注意してください。仕上げは泡立て器がおすすめです。

2品目 小松菜そぼろ

(材料)1人分

  • 小松菜 1/2袋(100g)
  • しょうゆ 小さじ1
  • みりん 小さじ1
  • ごま油 小さじ1
  • 塩昆布 大さじ1
  • いりごま(白) 大さじ1

(作り方)

1.小松菜は5mm幅に切る。フライパンを中火で熱してごま油を入れて小松菜を炒める。

2.しんなりとしたらしょうゆとみりんを入れて炒めて水分をとばし、塩昆布といりごまをからめる。

2品弁当の詰め方プロセス

1.ごはんを弁当箱に入れて冷ましておく。のりを全体にしく。

2.鶏たまそぼろを半分に詰める。

3.残り半分に小松菜そぼろを詰める。

4.鶏たまそぼろのそばに、紅ショウガを詰める。

※分量外の材料(ごはん1人分、紅ショウガ)

*****

今週の「心が楽になる2品弁当」はいかがでしたか?

2品そぼろですが、鶏、卵、野菜と入っていますので、満足感があります。鶏そぼろは卵を入れるのでマイルドな味わい。その分、小松菜そぼろは塩昆布を入れてしっかり味に。両方を一緒に食べると味のバランスがよくなります。

紅ショウガの酸味が入ると鶏そぼろ弁当はより美味しくなりますので、おうちにあったらぜひ紅しょうがを添えてみてくださいね。

毎日のお弁当作り。すべて手作りできない時は、市販の漬物も味方につけて。心を楽に。2品弁当を楽しんでください。

******

「心が楽になる2品弁当」のルール

  • おかずは2品だけ
  • 詰め方も簡単に。紙カップは使わない
  • 市販の調味料やあしらいものは常備して利用
  • 2品で朝15分以内に完成する簡単美味しいお弁当

******

料理研究家 かめ代

公式ブログ かめ代のおうちでごはん。https://kameyogohan.blog.jp/

☆この連載は<毎週日曜日>に更新します。来週もどうぞお楽しみに