会津自慢の食、技満載 湯川の道の駅で「子どもの夢とおいしいもの祭り」

©株式会社福島民報社

落花生の詰め放題を楽しむ来場者

 福島民報社主催の「ふくしま経済・産業・ものづくり賞(ふくしま産業賞)」を受けた会津地方の企業・団体による「子どもの夢とおいしいもの祭り」は二十四日、湯川村にある道の駅あいづ湯川・会津坂下で開幕した。最終日の二十五日は午前十時から午後三時まで。

 四回目の今年は十社・団体が出展、一社が協賛している。食品の販売や工作体験のコーナーが並び、親子らが会津の誇る食や技の魅力を感じている。企業・団体が互いに連携して開発した商品を初めて販売し、好評を集めている。

 連携開発商品のうち、菓子「ショコラシュトーレン」は、ホームベーカリーコビヤマが作った。オクヤピーナッツジャパンのピーナツ、会津中央乳業の牛乳、ねっかの米焼酎、土っ子田島farmのリンゴジャム、NPO法人あたごのドライフルーツを原料に用いたぜいたくな一品で来場者が次々と買い求めた。

 会津若松市から訪れた大竹梨奈さん(30)は「まさに会津の魅力が詰まった商品。会津のPRに役立てていただきたい」と期待した。

 ランドセルの生地で小物を制作する体験や、未来の自分への贈り物として焼酎のタイムカプセルを作る体験、落花生詰め放題などの趣向を凝らした多彩な企画もある。

 イベント開催に当たり、新型コロナウイルス感染症対策を徹底している。検温を実施し、入場人数の制限を設けている。

■その場で来場者の記念号外を発行 福島民報社

 福島民報社は希望する来場者の写真を撮影し、その場で記念号外を発行してプレゼントしている。

■子どもの夢とおいしいもの祭り参加企業・団体と主な出展内容(順不同)

【第2回ふくしま産業賞受賞】

◆道の駅あいづ湯川・会津坂下(湯川)

 農家レストランくうべえるでスペシャルコラボキッズセット販売

◆羅羅屋(会津若松)

 ランドセル生地を使ったワークショップ

◆オクヤピーナッツジャパン(喜多方)

 ピーナツ詰め放題

◆長門屋本店(会津若松)

 会津坂下町の鬼胡桃(くるみ)を使った胡桃菓子「香木実」「ゆべし」などの販売

◆NPO法人あたご(南会津)

 6次化商品、南会津産和製ハッカを使ったマスクスプレーなどの販売

◆会津中央乳業(会津坂下)

 会津のべこの乳お試しセットを限定販売

【第3回ふくしま産業賞受賞】

◆太郎庵(会津坂下)

 「会津の天神さま ピーナッツバター味」の販売

◆ホームベーカリーコビヤマ(会津若松)

 産業賞受賞企業の材料を使ったシュトーレン、パンなどの販売

【第5回ふくしま産業賞受賞】

◆ねっか(只見)

 タイムカプセルねっかの作成

◆土っ子田島farm(南会津)

 あやこがね味噌(みそ)、ホワイトアスパラドレッシング、リンゴジャムなどの販売

◆三義漆器店(会津若松)※協賛