柔らかな炎と和の音色共演 「竜馬四重奏」都路で演奏会

©株式会社福島民報社

竹灯の明かりを背に、演奏を披露する竜馬四重奏

 田村市都路町のグリーンパーク都路で二十四日夕、竹灯の明かりを背に、音楽ユニット「竜馬四重奏」が演奏を繰り広げた。柔らかな炎の揺らめきと音楽が幻想的な雰囲気。演奏の様子は十二月五日にインターネットで配信する。

 同市都路町の魅力を発信するイベント「つながり日和」の一環。新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、今年は十二月五日にオンラインで開催することとし、竜馬四重奏のステージをメイン企画に据えた。演奏は一般には非公開で行った。

 竜馬四重奏は、バイオリンと津軽三味線、しの笛、小鼓の四人からなり、国内外で活躍している。しんと静まりかえった夕闇の高原に、和洋折衷の豊かな音色が広がった。一万本の竹灯を用意したが、直前に雨が降ったため、大幅に減らして実施した。

 十二月五日は田村市の食材を使った料理教室や名所紹介などの動画配信も予定している。