ロコビアから“生”ホップIBUKIを使用した「息吹の生」、販売開始!

©一般社団法人日本ビアジャーナリスト協会

千葉県佐倉市のブルワリー ロコビア。岩手県遠野産の採れたて“生”ホップIBUKIを100%使用した秋季限定ビール「息吹の生」、その販売を2020年10月23日から開始しました。

“生”ホップIBUKI100%使用のビール「息吹の生」

商品説明

「息吹の生」は、日本最大のホップ生産地、岩手県遠野で今年収穫された“生”のIBUKIホップだけを使用した無濾過のケルシュです。ロコビア定番「佐倉香りの生」のレシピをベースに重量で約8倍、価格にして約16倍もの大量のホップを投入。さらに濾過工程を省略することで新鮮なホップ風味を丸ごと閉じこめました。“生”ホップによるフレッシュなホップ風味と酵母によるまろやか口当たりが楽しめる、この時期だけの贅沢な限定醸造ビールです。

商品名 :息吹の生
スタイル :ヴィース(無濾過ケルシュ)
アルコール分:5.0%
パッケージ :330mLボトル、10Lケグ
発売日 :2020年10月23日

無濾過ケルシュは、その少し濁った外観からケルン語で「白」を意味する「ヴィース」とも呼ばれ、ケルシュの本場であるドイツ・ケルンでも珍しいスタイルです。

「息吹の生」 写真提供:ロコビア

「息吹の生」について、ロコビアから下記のメッセージをいただいています。

ややホップ側にバランスさせることで、爽かなIBUKIホップの特徴が良く出たビールに仕上がりました。単独でもその特徴が感じられますが「佐倉香りの生」と飲み比べて頂くとさらに違いがハッキリと判ると思います。この時期だけの“生”ホップ感を是非とも味わって下さい。

販売場所

「息吹の生」の販売は下記で行われております。

・シモアールユーカリが丘店(佐倉市)

・ロコビアウェブショップ:https://shop.locobeer.jp/

・ロコビア製品取扱店

2020年からボトル版の一般販売開始へ

ビールの主原料であるホップ、その香りと爽快な苦味からビールには欠かせない原料。しかし、収穫後の劣化が非常に早いため通常のビール造りには乾燥ホップが使われます。近年、凍結粉砕技術により、収穫したての生ホップを鮮度良く保ったまま加工することが可能になりました。物流の発達と共にホップの生産地から遠く離れた千葉県でも、収穫したての生ホップの使用が可能へ。ロコビアでは、秋の収穫時期にだけ入手可能な『凍結粉砕「IBUKI」ホップ』を使用したビールを3年前より醸造し、飲食店など業務店限定で販売してきました。『凍結粉砕「IBUKI」ホップ』は、青草や果実のような新鮮な香りが採れたてのまま封入され、みずみずしいフローラルな香りが特徴のホップ。頒布会限定のボトルが好評だったため、2020年からボトル版も一般販売を開始しました。

秋期だけの特別なビール「息吹の生」、この機会に購入し味わってみてはいかがでしょうか。

この記事が、素敵なビールとの出逢いに役立てれば幸いです。


■ロコビア

Webサイト:https://locobeer.jp/

Facebook:https://www.facebook.com/LOCOBEER.Inc/