週間予報 西・東日本を中心に秋晴れの日が多い 週末にかけて朝晩は都心でも暖房が必要な寒さに

©株式会社ウェザーマップ

週間予報(最低/最高気温)

 この先一週間は、西・東日本を中心に秋晴れの日が多くなる見込み。昼間は快適な陽気だが、朝晩はこれまで以上に冷え込みが強まり、週末は東京でも10℃を下回るようになりそうだ。

西・東日本は秋晴れウィークに

25日(日)正午の実況天気図[上]と26日(月)午前9時の予想天気図[下]

 25日(日)は西日本や東日本では高気圧に覆われ、穏やかに晴れた所が多くなった。ただ、北日本では冬型の気圧配置が続いたため、日本海側を中心に断続的に雨が降り、冷たい風も強く吹いた所があった。

週間予報(天気)

 26日(月)以降も、西日本や東日本は高気圧の圏内で、引き続き晴れる日が多くなりそうだ。一方、北日本では、晴れる日があるものの、低気圧や前線の影響で日本海側を中心に曇りや雨の日が多く、特に28日(水)~30日(金)にかけては雨が降りやすくなる見込み。北日本では洗濯日和が少なくなるため、乾燥機などで計画的に片づけた方が良さそうだ。

週末は東京でも一桁台の冷え込みに

東京の週間予報

 日中の気温は、平年並みか高い傾向で、昼間は過ごしやすい日が多い見込み。ただ、朝晩は週の後半にかけて冷え込みが強まり、東京でも31日(土)と11月1日(日)は10℃を下回る予想。都市部でもそろそろ暖房や冬用の布団など、本格的な寒さへの備えが必要となりそうだ。

(気象予報士・佐々木聡美)