全国高校体操、鯖江の宮田笙子が優勝

©株式会社福井新聞社

全日本高校体操選抜鯖江大会の団体で3位入賞した女子鯖江。宮田笙子(右から2人目)は個人総合優勝も果たした=10月25日、福井県鯖江市総合体育館

 体操の全国高校総合体育大会(インターハイ)に代わる「2020全日本高校選抜鯖江大会」は10月25日、福井県鯖江市総合体育館で最終日の競技を行い、女子個人総合で福井県の鯖江高校1年、宮田笙子が56.750点で優勝した。女子団体は鯖江高校(宗、長、山本、宮田)が159.750点で3位に入った。

 宮田は種目別でも跳馬2位、平均台6位、床運動3位と4種目中3種目で入賞した。男子団体の鯖江高校は236.800点で5位だった。

 新型コロナウイルスの影響でインターハイが中止になったことを受けて日本体操協会が主催し、福井県体操協会が運営面で全面的に協力した。男女計約240人が競った。