【高校野球】各球団は高校トップ級評価 清原や鈴木誠を彷彿…中京・元謙太の秘めたる魅力とは

©株式会社Creative2

中京・元謙太(げん・けんだい)【写真:福岡吉央】

昨夏の甲子園で4強入り、準々決勝の作新学院戦では決勝打となる逆転満塁本塁打

岐阜の中京高で二刀流選手としてプレーしてきた元謙太(げん・けんだい)内野手は、高校生トップクラスの評価を各球団から受けている。10月26日のドラフト会議では、野手としての指名が濃厚だ。2年生ながらレギュラーとして出場した昨夏の甲子園では4強入り。準々決勝の作新学院戦では、決勝打となる逆転満塁本塁打を放ち、その名を全国に轟かせた。一番の魅力は何か、ドラフト直前にインタビューを行った。

岐阜県多治見市出身の元が、地元の少年野球チームで野球を始めたのは小3の時。球は速かったが、元の球を捕れる捕手がいなかったため、小5までは捕手だった。小6で投手に転向。好きな選手はヤンキース・田中将大だった。

それまでは、警察官や消防士に憧れていた。だが、小6でドラゴンズジュニアに選ばれたことで、プロ野球選手を本気で目指そうと思うようになった。中学に入り、兄も通っていた岐阜東濃リトルシニアに進むと、かつて阪急で内野手としてプレーした今井茂総監督から指導を受けた。今でこそ186センチ、86キロの元だが、小学校卒業時は174センチ、55キロとかなりの細身だった。

今井監督は、16年に中京からドラフト9位で日本ハムに指名された今井順之助内野手の父でもあった。順之助も岐阜東濃リトルシニアの出身で、順之助の高校時代、元は同じ施設でウエートトレーニングをしていた縁もあり、日本ハム入りする前までは、高校の先輩でもある順之助にも打撃を教えてもらっていたという。

中京に進むと、1年夏から投手としてベンチ入り。2年夏に念願の甲子園出場を果たした。投手として、対戦した全4試合に登板し、打っても15打数5安打。準々決勝の作新学院戦では2度マウンドに上がり計4回2/3、2安打、無失点と好投し、1点ビハインドの8回には左翼ポール際に逆転満塁本塁打を放ち、チームを準決勝へと導いた。準決勝では奥川恭伸擁する星稜に敗れたが、2年生ながらその名は一気に全国区となった。

「僕は観客が多ければ多いほど燃えるタイプ。そんなに緊張することはなかった。チャンスが来たら自分に回ってこいと思っていた。(本塁打も)どんな球を打ったのかも、覚えてないなくて、一塁を回ってスタンドに向かってガッツポーズした記憶しかないんです」

だが、2年秋は県大会の3回戦で敗退。「疲労困憊で、サヨナラ死球を当てて終わった後、歩けなくなり、ベンチでも支えてもらっていました」。二刀流は体に負担となっていた。

高校通算18本塁打中10本を公式戦で放った勝負強さ 緊張とは無縁の前向きな性格

そして今年、コロナ禍で寮が閉鎖になり、約2か月間グラウンドに立つことはできない時期もあった。だが元は、主将として後ろ向きになることはなかった。仲間とメールで連絡を取り合い、自分でやれるトレーニングを行い、練習再開に備えた。そして、最後の夏となった県独自大会はエース、そして遊撃手としてチームを引っ張り、準優勝。決勝では延長戦の末、大垣日大に5-6で敗れたが、大会で16打数10安打、3本塁打、6打点を結果を残し「悔いはない。完全燃焼です」と、笑顔でユニホームを脱いだ。

高校通算本塁打は18本。うち10本が公式戦で、勝負強い打撃が魅力だ。投手としても、最速144キロの直球を投げる。アトランタ五輪で銀メダルを獲得し、NTT東海では、後に中日の守護神となる岩瀬仁紀にスライダーを伝授したことでも知られる中京の森昌彦コーチは「(豊川、中京で)計13年間高校野球に携わってきたが、これまで見た選手の中では、投手としても一番の素材」と評価するが、元はプロでは投手ではなく野手に専念し、遊撃手としてスタートするつもりだという。

「中京を選んだのは森コーチの存在も大きくて、自分は投手もやりたかったのでここを選んだんです。でも、2年生になって、投手か野手か、どちらかに絞らないとプロの世界では活躍できない、プロに行って絶対に両立はできないと思った。チーム事情で投手もしていましたが、打のほうで注目されることが多かったので、3年生になってからは野手でプロに行こうと思うようになりました。まだ経験は浅いですが、遊撃が守れればどこのポジションにも挑戦できるので、遊撃からスタートしたいです」

性格は常に前向き。球場にスカウトが大勢訪れても、緊張とは無縁だ。「これだけ来てくれているから、打てば注目される。弱気にならず、1発打って自分のプレーを見せればいいと思っていた」という強心臓。元は「県内でもトップレベルの練習をしてきているし、これだけやったから打てるでしょ、という感覚。監督もマイナス思考はいらないといつもおっしゃっているので、マイナスに考えたことはないです」と明かす。

周囲からは秋山幸二、高校時代の清原和博、鈴木誠也に似ていると言われる打撃フォーム

元にとって、バッティングの魅力は、相手との勝負にあるという。「相手投手の癖で球種が分かったり、守備位置を見て、前に来たら強襲を狙ったりして相手の裏をかくバッティングをしたりする、そういう駆け引きが好きですね」。

現在は、楽天・浅村モデル、日本ハム・西川モデルの2本の木のバットで練習し、プロ入りに向けて備えている。プロでは、ファンに愛される選手になることが目標だという。

「タイトルを取るという人も多いですが、それはいずれ取るものだと考えている。成績が良くて、ファンに愛されている選手って、名前がポンと出てくると思うので、そういう選手になりたいですね」

周囲からは秋山幸二、高校時代の清原和博、鈴木誠也に似ていると言われるバッティングフォーム。その売りは飛距離だといい、最高飛距離は130メートル。高校時代の出塁率は5割以上だといい、三振が少なく、四球を選べることも強みだ。「ここぞの時に打てるのが自分の強み。自信を持って打席に入りたい」と語る。

プロで活躍して両親に一軒家をプレゼントすることが夢だという元。「やることはやったので、後は待つだけ」と、自身がプロで活躍する姿を思い描き、運命の日を待っている。(福岡吉央 / Yoshiteru Fukuoka)