ドレイク、『Scorpion』以来のスタジオ作『Certified Lover Boy』を来年1月に発売

©ユニバーサル ミュージック合同会社

Photo: Isaiah Trickey/Getty Images

ドレイク(Drake)が、来年初頭にリリース予定のスタジオ・アルバム『Certified Lover Boy』の詳細を明らかにした。

ドレイクの34歳の誕生日となった10月24日に公開された1分のビデオでは、アルバムが来年1月中にリリースされることを発表。このビデオでは、ドレイクが過去にリリースしたアルバム『Take Care』『Nothing Was The Same』『Dark Lane Demo Tapes』のジャケット写真が引用されている。

関連記事:ドレイクの新作から考える2020年ミックステープ事情

新作アルバム『Certified Lover Boy』は、ドレイクが今年8月にリル・ダーク(Lil Durk)をフィーチャーしたシングル「Laugh Now, Cry Later」をリリースした際に初めて発表された。その1ヶ月前にエンジニアのNoel Cadastreは、アルバムは90パーセント完成していると語っていた。

2018年6月に発売された『Scorpion』以降、ドレイクは2019年8月に過去の未発表曲を集めたコンピレーション・アルバム『Care Package』を、今年5月にはバイラル・ヒットとなった「Toosie Slide」を収録したミックステープ『Dark Lane Demo Tapes』をリリースしている。それ以外にも、ドレイクはHeadie Oneのシングル「Only You Freestyle」やフューチャーとの「Life Is Good」、DJキャレドとの新曲2曲などにゲスト参加している。

今年3月、ドレイクは全米シングルチャート(Billboard Hot 100)にチャートインしたシングル数の記録を更新した。リル・ヨッティーとダベイビーのコラボ曲「Oprah’s Bank Account」が89位でデビューした時、ドレイクはテイラー・スウィフト、エルヴィス・プレスリー、カニエ・ウェスト、ジャスティン・ビーバー、そしてビートルズさえも追い越して、ホット100のチャート入りシングル数208枚という驚異的な記録を打ち立てた。

全米シングルチャートは1958年8月4日に開設され、リッキー・ネルソンが「Poor Little Fool」で初の1位を獲得。それ以来、1,096曲が1位を獲得している。今日では、CDやアナログのフィジカル売り上げ、デジタルダウンロード、ラジオの再生回数、そしてストリーミングの再生数に基づいてランキングが構成されている。

Written By Tim Peacock

____

関連記事