ヤ1―5中(25日)

木下拓が先制二塁打

©一般社団法人共同通信社

2回中日1死満塁、木下拓が左中間に走者一掃の先制二塁打を放つ=神宮

 中日が7カード連続の勝ち越しを決めた。二回に木下拓の3点二塁打で先制。七回はビシエドのソロで加点した。柳は丁寧にコースを突き、七回途中まで無失点で5勝目。ヤクルトは一回の満塁機を逃し、流れを呼び込めなかった。