猟友会の猟銃の弾が近くにいた男性のあごに当たる

©株式会社テレビ山梨

25日午前、山梨県南アルプス市で猟友会の男性が撃った猟銃の弾が近くにいた男性のあごにあたりました。
男性の命に別状はないということです。
警察によりますと25日午前10時頃、南アルプス市塩前で地元の猟友会の男性がシカの有害駆除のため撃った猟銃の弾が近くにいた別の猟友会の60代男性のあごにあたりました。
男性は山梨県甲府市内の病院に運ばれましたが、命に別状はないということです。
現場は南アルプス市の塩沢入口交差点から北に約550メートルで25日は地元の猟友会のメンバー13人が午前8時頃からシカの駆除にあたり、誤って撃ったということです。
警察は業務上過失傷害も視野に猟銃を撃った男性から話を聞くなど詳しい原因を調べています。