徳島自動車道、土成-藍住IC間で通行止め 自損事故、復旧時期未定

©一般社団法人徳島新聞社

 25日午後10時半ごろ、板野町松谷の徳島自動車道で、走行中の乗用車が中央分離帯のワイヤーロープに接触する自損事故を起こした。事故車両の撤去とワイヤーの修理のため、土成インターチェンジ(IC)-藍住IC間の上下線が通行止めになっている。復旧時期は未定。車には3人が乗っていたが重傷者はいない。