玉森裕太 “たまもりたまらんぞ!”と感じるのは「毎日の仕事帰りのアイス」

©株式会社フジテレビジョン

玉森裕太が出演する、ユニ・チャームの掃除用ウェットシート「ウェーブ 超保水ウェットシート」の新テレビCMが、11月1日(日)より全国で放映される。

今回のCMでは、“たまもりたまらん”というキーワードのもと、掃除好きの玉森が、同商品を初めて手に取り、それを使って床を掃除。 すっかりキレイになったリビングに寝そべって、うっとりと床を見つめる恍惚(こうこつ)の表情がポイントだ。

また、タイアップソングに起用されたのは、Kis-My-Ft2の新曲「Big Wave」。アップテンポのナンバーが、床を掃除する玉森のノリノリのアクションを引き立てている。

前回放映の「たまもりたまげる」篇に続き、リビングには、釣りや海が好きな玉森のイメージに合わせ、釣りざおを収納するロッドスタンドや網などの釣りグッズのほか、船の模型、サーフボードなどをセット。休憩中、玉森が壁に飾られていた魚の絵画を興味津々に眺めていると、同じく釣り好きのスタッフが集まり、「海釣りですか?」「どの辺に行くんですか?」などと、釣り談義に花を咲かせる場面があったとか。

本番では、根っからの掃除好きの血が騒ぐのか、カメラの存在を忘れたかのように、ホコリがたまっているであろう隙間へ、嬉々としてハンディワイパーを出し入れしていたという。

「床…たまらんぞ…!!」と心の中で叫ぶシーンの撮影時、ホコリが一切落ちていない床を大きく目を見開いて眺めたり、ピカピカになった床を愛おしそうに指でこすったりしているうちに、どんどん自分の世界に入っていく玉森。その演技に、最後は監督が「素晴らしい!」と絶賛し、周りのスタッフから大きな拍手が湧き起こったそう。

<玉森裕太 インタビュー>

――CMを撮影してみていかがですか?

今回初めて「ウェーブ 超保水ウェットシート」を使ったんですけど、床がキレイになっていく様子とか、 拭き心地とかを実感して、撮影中は自然とうれしいという思いが込み上げてきました。床に寝そべるシーンも、実は普段からやっていて。やっぱりキレイな床を見ると、本当に気持ちよくなりますね。

――実際にどんな場所で「ウェーブ ハンディワイパー」を試してみたいですか?

掃除は普段からしていて、ここ試したいな、というところは一通り試したんですけど、その中でも特に良かったのは、トイレの換気扇ですね。なかなか掃除できないけれど、ホコリはどんどんたまっていくという中で、小さな隙間にしっかり入って、ごっそりホコリが取れた時はうれしかったです。

――思わず心の中で「たまもりたまらんぞ」と叫んでしまったエピソードはありますか?

掃除のことで言うと、やっぱり一番気持ちいいのは、ホコリが取れる瞬間なんですよ。間接照明とか、普段そこまで触らないだろうなというところを、ちょっと気にして掃除したとき、「おー、こんなにたまってましたか」という感じが、掃除好きの僕としては「たまらんぞ!」と思います。

掃除以外では、毎日、仕事帰りにアイスを食べるときですかね。最近のひそかな楽しみで、食べている時間は「たまらんぞ!」という感じです(笑)。