本田圭佑がボタフォゴと2か月契約延長

©株式会社東京スポーツ新聞社

ボタフォゴ・本田圭佑

ブラジル1部ボタフォゴのMF本田圭佑(34)が、2021年2月まで短期の契約延長を行う見込みとなった。

現状で本田とボタフォゴの契約は今年の12月31日までだが、ブラジルのテレビ局「グローボ」は「ブラジル全国選手権が終了する2021年2月まで契約が更新されることになる」と報じた。契約内容は据え置かれることになるという。

その後の契約延長に関しては、ボタフォゴで11月24日に会長選が予定されており、そこで選出された次期会長の考えがクラブの方針を左右することになる。一方で本田側も、来夏に延期された東京五輪に向けて残留するかどうかの判断を2月末までに迫られそうだ。