福島事故「東電は責務果たさず」

柏崎抱える新潟県の技術委報告書

©一般社団法人共同通信社

報告書を新潟県の花角英世知事(右)に手渡す「技術委員会」の中島健座長=26日午前、新潟県庁

 東京電力福島第1原発事故を独自に検証してきた新潟県の有識者委員会「技術委員会」が26日、報告書を花角英世知事に提出した。事故後の東電の対応に関し「国との調整を優先し、事故の重大性を住民に伝える責務を果たさなかった」とし、情報発信が十分ではなかったと指摘した。

 技術委は東電柏崎刈羽原発(新潟県)の安全性向上に向け県が設置し、原発技術面がテーマ。ほかに「健康と生活への影響」と「安全な避難方法」の2委員会があり、それぞれ福島原発事故を検証しているが、報告書提出は今回が初めて。花角氏は報告書が出そろった段階で、柏崎刈羽原発の再稼働可否の本格検討に入るとしている。