高田文夫「東京エンタメ史上初の企画」ナイツ・伯山・爆笑問題らが登場

©株式会社マイナビ

放送作家・高田文夫氏が企画を務める舞台『よみがえる明治座東京喜劇 -ニッポン放送「高田文夫のラジオビバリー昼ズ」全力応援!-』が2021年1月9日~2月14日、東京・明治座で上映されることが決定した。

『よみがえる明治座東京喜劇』 -ニッポン放送提供

第1部はお芝居「こちとら大奥様だぜぃ!」。過去に明治座で上演した喜劇作品を、宅間孝行氏の脚色演出によりさらにパワーアップし、豪華キャストにより爆笑必至のドタバタコメディが繰り広げられる。

第2部は、多彩なゲストが日替わりで出演する「ラジオビバリー昼ズ寄席」。サンドウィッチマン、ナイツ、神田伯山、爆笑問題らが日替わりで登場する。

高田氏は、公演にあたって「東京エンタメ史上初の企画を考えました。『喜劇』と『寄席』、夢のドッキング二本立て。お笑いグルメも思わずおかわりする“笑いの満腹明治座”です。こんな御時世だからこそ笑って元気に乗りこえましょう。東京の笑いのすべてをつめこみました。ライブで生でお早めに…」とコメントしている。