多部未華子が明かす岩田剛典との撮影エピソード「真面目で勉強熱心な方だな」

©株式会社フジテレビジョン

10月24日(土)、映画「空に住む」の公開記念舞台挨拶が行われ、主演の多部未華子、岸井ゆきの、美村里江、青山真治監督が登壇した。

本作は突然両親を亡くした小さな出版社に勤める直実(多部)が、叔父夫婦の計らいで引っ越したタワーマンションで出会ったスター俳優・時戸森則(岩田剛典)との逢瀬に溺れながら、仕事、人生、そして愛の狭間で揺れる姿を描く物語。「EUREKA ユリイカ」などで世界的に知られる青山監督の7年ぶりの長編映画となる。

左から)岸井ゆきの、多部未華子、美村里江、青山真治監督

多部と演じた役との共通点「ペットを飼ってます」

観客を前にしての久しぶりの舞台挨拶に多部は、「本当に映画館に足を運んでくださること自体がありがたいのに、こんなにたくさんの方が来てくださって、本当に嬉しく思います」と感激。

岸井も、「この時期に映画が無事に公開できて嬉しいです」と喜びを語り、美村は「ちょっと前から客席が1席空けではなく、満席でOKになったんですが、改めてみると本当にありがたい景色だなぁ…と」と感慨を口にした。

司会者が、「演じた役について自分と重なる部分や見習いたい点、アドバイスしたいこと」を質問。

多部は共通点として、「ペットを飼っていること」と挙げ、劇中でペットロスが描かれることに言及。

「愛する相棒、パートナーがいなくなった時の喪失感や絶望感…。私はいまはまだ経験していないけど、直実(多部の役名)の行動力だったり、『自分もそうなるのか? 』と想像できない。大事な存在が近くにいて、それがなくなったときの行動の仕方、今後、自分も経験すると思います」と愛するペットの存在に思いをはせた。

一方で、見習いたい点については「淡々としているように演じたんですが、(岸井さんが演じた愛子の)出産の時とか、突然、力強くなるんですね。淡々としているけど大事な時に出る底力は私もほしいです」と語った。

岸井は、「愛子は強くあろうとして、自分を納得させるために強さを自分に押し付けているように見えるんですけど、近くにいる友人たちは、強がってるとわかっちゃう。それが友人を心配させてるぞと教えてあげたい。私も、もしかしたら強がっちゃうタイプなので(苦笑)」と自らを省みつつ話した。

美村は、自身が演じた明日子を「善意で直実を追い詰める、なかなか厄介な方(笑)」と語り「こうなっちゃいかんなと(笑)。自分がいいと思って、誰かに何かを迫ってはいけないなと思いました。体を動かすか、地域のボランティアなどで発散するか、本を読むなら古典で『人間の幸せってなんだっけ?』と考えてほしい」とアドバイス。

また、満たされないモヤモヤを感じている登場人物たちにちなみ、自身の「もやもや解消法」を聞かれると、青山監督は「最近は、朝、5時半くらいから自転車で近所を走っています。ストレス解消法としてはいいですよ。1 日が有意義に過ごせます」と明かした。

美村は、「頭を使いすぎても体を使いすぎてもダメ。頭が疲れてるときは体を動かして、身体がぐったりしているときは、頭に何かを入れるようにすると整います」とコメント。

岸井は「私はどんな時でも映画を見ます! 満たされないときも満たされている時も、哀しいときも楽しいときも『映画を見よう!』って思います」と回答。

もやもやしている時に見る映画ジャンルを聞かれると「宇宙に行きます!」と壮大なスケールの映画を薦めた。

多部は、「私は単純で、友達としゃべるに尽きます。モヤモヤが始まった瞬間に友達に連絡します! 答えは出なくてもいいんです。聞いてもらえれば、解決しなくてもスッキリします」と微笑んだ。

女性陣が明かすそれぞれの男性陣の印象

それぞれ劇中で相手役を演じた男優陣の印象を尋ねられると、多部は岩田剛典について「初めてお会いしたのが、撮影の始まるちょっと前の監督に質問をする機会だったんですけど、私は何を聞いたらわかんないままその場にいるくらいフワフワしてたんですが、岩田さんは台本に付箋をいっぱい貼っていらして、『そんなに聞くことあるんだ!?』と思いました」と回顧。

続けて、「それだけ台本を読み込んでいて、監督ともすごくコミュニケーションをとってて、真面目で勉強熱心な方だなと。私にない部分をたくさん持っている方で、焦りました(苦笑)」と称賛した。

岸井は、大森南朋とのそばを食べるシーンでの共演を、「(画として)湯気がほしいということで、熱々のそばを 2 人で食べたんですが、大森さんから近くのおいしいおそば屋さんのことを教えていただきました。『そば好きなの?いいとこあるよ』って」と述懐、青山監督から「そば屋さんで(別の)そば屋の話を…? やめなさいよ!」とツッコミが飛び、会場は笑いに包まれた。

美村は、鶴見辰吾について「先輩ですが、鶴見さんのさわやかでいい人の部分と、『この人、本当は裏で何してるんだろう?』 というところの両方が好きなんです」と告白。

そして、「今回は、わりといいダンナさんという感じでしたが、もしかすると誰にも言えないアコギな商売をしているのかも…とかってに明日子の中で思っていました。ただの“いい人”じゃないところが素敵でした」と語った。

この日は、感謝の思いを込めて多部から青山監督に花束が贈呈されたが、さらに男性陣3人から、女優陣に思いのこもった花束とビデオメッセージがサプライズで到着。

多部は、劇中で岩田が演じた時戸が、直実に贈った真っ赤な花束をプレゼントされ「ありがとうございます!」と笑顔を見せた。

最後に青山監督は「楽しい映画だったと思いますがいかがだったでしょうか? 静かに見ている中にも、大きな空にいるような雄大さがある楽しさだったと思
います。人に言うときは『デカい映画だった』と言ってください!」とアピール。

多部は、「明日も、1週間後も、1年後もみなさまの印象に残っている映画になっていたらと思います。素敵な曲を聞いて、映画の1シーンを思い出してくだされば」と呼びかけた。

©2020 HIGH BROW CINEMA

最新情報は、映画「空に住む」公式サイトまで。