強盗殺人の罪でベトナムの男起訴 前橋・ホテル経営者殺害事件

©株式会社上毛新聞社

 前橋市富士見町のホテルで経営者の女性=当時(71)=が刺殺され現金が奪われた事件で、前橋地検は26日、強盗殺人と詐欺の罪で、ベトナム国籍で住所不定、無職の男(30)を前橋地裁に起訴した。

 起訴状によると、被告は9月10日午前9時40~50分ごろ、金品を奪う目的で、ホテル敷地内で女性の背中を刃物で刺して殺害し、事務所から現金約5万5000円を奪ったとされる。また、同3日夜、大泉町から前橋市富士見町石井までタクシーに乗り、乗車料金1万2030円を支払わなかったとされる。

 強盗殺人などの罪での起訴を受け、女性の長男(36)は上毛新聞の取材に「無事に起訴されてよかった。母に報告したい。今後裁判を見届け、事件の真相を知りたい」と話した。