潜水漁業中の2人が溺れ死亡

沖縄・糸満市の沖合

©一般社団法人共同通信社

 26日午後10時40分ごろ、沖縄県糸満市の喜屋武岬の沖合で、漁船の船長から妻を通じ、潜水漁業中の兄と息子が溺れたと118番があった。2人は、第11管区海上保安本部のヘリコプターや僚船に救助され、病院に搬送されたが、27日未明にいずれも死亡が確認された。

 那覇海上保安部によると、兄は津波古敏さん(46)、息子は陸さん(20)で、いずれも糸満市在住の漁業者。

 2人は26日午後9時ごろ、漁船のコンプレッサーからホースを通して空気を潜水具に送り込む「潜水器漁業」を開始。船にいた船長が約1時間半後、海面に浮かび上がる兄と、海中で意識をなくしている息子を発見した。