ホープス・古長内野手、オリックス「育成6位」指名!ドラフト

©福島民友新聞株式会社

指名を受け、岩村監督と笑顔で握手する古長内野手(右)

 東京都内で26日開かれたプロ野球のドラフト会議では、オリックスから育成枠で本県関係選手が指名を受けた。育成6位のBCリーグ福島レッドホープスの古長拓(こちょうたく)内野手(26)=いわき市出身=は夢舞台での活躍に向けて決意を新たにした。

 古長内野手は中学生までいわき市で過ごし、強豪の九州国際大付高(福岡県)で野球に打ち込んだ。その後、九州共立大とNTT東北マークスを経て独立リーグの福島レッドホープス入りした。

 小柄ながら、ガッツあるプレーと勝負強い打撃が持ち味。プロ入りを目指す古長内野手の背中を押したのは、毎年一緒に自主練習に取り組むソフトバンクの今宮健太内野手からの言葉だったという。「まだできる状態で終わるのは後悔するぞ」。こう今宮内野手から言葉を掛けられ、自分を奮い立たせてきた。「体が大きくなくても戦えることを今宮さんに見せてもらった。今度は僕が希望を与える存在になりたい」と意気込んだ。

 福島レッドホープスからの日本野球機構(NPB)ドラフト指名は初。岩村明憲監督は「(NPB選手)第1号が出てうれしい。古長は練習でも明るく、若手選手を引っ張ってくれた。育成で終わらず、支配下登録されて1軍の舞台で活躍してほしい」とエールを送った。