東海大相模、サヨナラ負け 4強入り逃す

©株式会社神奈川新聞社

【東海大相模─東海大甲府】

 高校野球の第73回秋季関東大会第3日は27日、千葉市のZOZOマリンスタジアムなどで準々決勝が行われ、神奈川1位の東海大相模は1─2で東海大甲府(山梨1位)にサヨナラ負けし、2年連続の4強入りを逃した。

 東海は0─0の六回に門馬功(2年)の左犠飛で先制。先発の石田隼都(同)は八回まで無失点と好投したが、九回に逆転を許した。

 門馬敬治監督は「あの試合の展開では負けていると思って戦わないといけない。ここで勝ったチームと負けたチームの差を考えて大きく変わりたい」と話した。