東証小幅続落、8円安

欧米のコロナ感染増懸念

©一般社団法人共同通信社

東京証券取引所=東京・日本橋兜町

 27日の東京株式市場の日経平均株価(225種)は小幅続落した。終値は前日比8円54銭安の2万3485円80銭。欧米で新型コロナウイルスの感染者急増に歯止めがかからず、経済停滞への不安から売り注文が出たが、次第に買い戻された。

 東証株価指数(TOPIX)は1.45ポイント安の1617.53。出来高は約9億4500万株。

 欧州ではスペイン全土に非常事態宣言が改めて出されるなど新型コロナの再拡大が深刻化。米国では感染者の増加に加えて、追加経済対策の与野党協議に進展がみられないことから26日のダウ工業株30種平均は大幅続落した。