ANA、赤字5100億円

21年3月期連結、過去最悪

©一般社団法人共同通信社

羽田空港に駐機する全日空機=27日午後

 全日本空輸を傘下に持つANAホールディングスは27日、2021年3月期の連結純損益が過去最悪の5100億円の赤字(前期は276億円の黒字)になるとの見通しを発表した。財務基盤を強化するため、銀行から一部が資本とみなされる劣後ローン計4千億円を調達する契約を同日結んだことも公表した。

 国際線を中心に旅客数の大幅な減少が続くと判断した。

 赤字額はリーマン・ショック後の10年3月期に計上した573億円のこれまでの過去最大をはるかに上回る規模。連結売上高は前期比63%減の7400億円を見込む。

 片野坂真哉社長は記者会見し「大変厳しい結果となった」と述べた。

ANAのロゴマーク=羽田空港