日本ハム育成1位指名 松本投手(花巻東高)活躍誓う 「目標は2桁勝利」

©岩手日日新聞社

日本ハムから育成1位指名を受け、活躍を誓う松本投手

 26日に開かれたプロ野球ドラフト(新人選択)会議で、日本ハムから育成1位で指名を受けた花巻東高の松本遼大投手(3年)は花巻市松園町の同校で取材に応じ、「一日一日を大切に取り組みたい。子供たちに勇気を与えられる選手になりたい」と決意を語った。

 指名を受けた瞬間を振り返り、「緊張が続いていたのでほっとした。うれしかった」と安堵(あんど)の表情。日本ハムは、目標とする同校OBの大谷翔平選手(エンゼルス)が所属した球団とあって「野球だけでなく、普段の取り組み姿勢もお手本になる偉大な先輩。縁があるのかなと感じる。育成環境が整っているチームだと思う」と印象を語った。

 188センチの高身長を生かした角度のあるストレートを自らの持ち味に挙げ、「各球団の四番打者と対戦して自分の経験にしたい。球速だけでなく、キレなど、打たれない球を意識する」とレベルアップを誓う。北海道は一度も行ったことがないというが、「寒さは大丈夫だと思う」とも。「支配下登録に向けて一つ一つ地道に課題をクリアしていきたい。プロに行くのではなく活躍するのが目標。2桁勝利を目指したい」と北の大地で飛躍を期した。


 松本 遼大(まつもと・りょうだい)滝沢市出身。最速146キロの直球に加え、スライダーやチェンジアップ、フォークなど多彩な変化球を操る。夏季県高校野球大会では準決勝の盛岡大附戦で2イニングを無失点に抑えた。188センチ、96キロ。右投げ右打ち。