《秋季関東高校野球》常総打線爆発4強、センバツ有力 準決勝は東海大甲府と

©株式会社茨城新聞社

常総学院-木更津総合 6回表常総学院2死一、二塁、中村が右中間を破る2点二塁打を放つ=ZOZOマリンスタジアム、吉田雅宏撮影

第73回秋季関東高校野球大会第3日は27日、千葉県のZOZOマリンスタジアムと柏の葉公園野球場で準々決勝4試合があり、茨城県2位代表の常総学院は中盤以降に打線が爆発し、木更津総合(千葉1位)を9-1で破り、来春の選抜大会出場が有力となる4強入りを決めた。

このほか、4強には東海大甲府(山梨1位)、高崎健康福祉大高崎(群馬1位)、専大松戸(千葉3位)が勝ち上がった。

第4日は31日、千葉県野球場で準決勝2試合が行われる。常総学院は第2試合(午後1時開始予定)で東海大甲府と対戦する。第1試合(午前10時30分)は高崎健康福祉大高崎-専大松戸。

■常総学院・島田直也監督(50) 選手が力出せている
一戦一戦やっていくごとに選手が力を出せているのを感じる。走塁のミスを減らせれば、もう少し楽に進められていたかもしれない。

▽準々決勝
常総学院(茨城2位) 000002304│9
木更津総合(千葉1位) 000000001│1

(常)秋本、大川-田辺
(木)島田、越井、金綱-中西

▽三塁打 村岡
▽二塁打 伊藤琢、田辺、中村、宮原、島田、菊地
▽暴投 島田
▽野選 古川
▽試合時間 2時間24分
▽審判 村田、秋山、桑原、小栗

高崎健康福祉大高崎(群馬1位) 00012104│8
国学院栃木(栃木1位)     00001000│1
(八回コールド)

(高)野中、中野、高松-綱川
(国)加藤、飯田、筋野、林、中川-伊東

▽三塁打 桜井(高)
▽二塁打 森川、高松(高)

専大松戸(千葉3位)  003000300│6
鎌倉学園(神奈川2位) 000000000│0

(専)深沢-加藤
(鎌)増島、平本-森高

▽二塁打 石井(専)

東海大相模(神奈川1位) 000001000│1
東海大甲府(山梨1位)  000000002x│2

(相)石田-谷口
(甲)若山-三浦

▽三塁打 久井(甲)
▽二塁打 柴田(相)