名鉄協商 シェアサイクル拡充 今期中60カ所、200台体制に 宅配、観光で急伸

©株式会社中部経済新聞社

サイクルポートを都心部に集中設置する

 名鉄協商(本社名古屋市中村区名駅南2の14の19、高橋健治社長)は、電動自転車シェアリングサービス(シェアサイクル)「カリテコバイク」の供給体制を拡充する。「ウーバーイーツ」など食事宅配サービスのスタッフのほか、NTTドコモとの連携で観光客の利用が増えており、8月は前月比60%増と急伸した。需要増に対応するため、11月にサイクルポート(自転車置き場)5カ所と自転車40台を追加。2021年3月期中に現在の4割増の60カ所、倍増の200台体制にする方針だ。