ラジオ福島アナウンサー15名「交通安全サポーター」に

担当番組等で交通安全を随時放送

©株式会社ラジオ福島

10月27日、ラジオ福島アナウンサー15名が、福島県警察本部から「交通安全サポーター」に委嘱されました。委嘱状の交付式は福島市のラジオ福島本社で行われ、福島県警察本部國分政康交通部長から各アナウンサーに委嘱状が交付されました。

前列左から福島県警國分交通部長、鏡田辰也アナウンサー、花見政行ラジオ福島社長、菅原美智子アナウンサー、小野則昭編成局長 後列左から佐藤成美アナウンサー、山地美紗子アナウンサー、嘉数夕稀子アナウンサー、手塚伸一アナウンサー

任期は11月1日から1年間。各アナウンサーは県民の交通安全意識の高揚と高齢者の交通事故防止を図ることを目的に、各担当番組で交通安全広報を行います。

また、委嘱状交付式に先立ち、交通安全サポーター事業を通して、交通事故防止に大きな貢献があったことから、ラジオ福島に対し、県警察本部國分交通部長から花見政行ラジオ福島社長に感謝状が贈られました。

福島県警国分交通部長(右)と花見政行ラジオ福島社長