コロナ禍の暖房使用 部屋を暖めるポイントは

©TOKYO MX

冬を迎えるとエアコンなどの暖房器具の使用が増えてきます。しかし今年は新型コロナ対策のため、室内の換気に注意しながら使う必要がありそうです。

多くのエアコンには換気の機能がついていないため、窓を開けて換気する必要があります。空調メーカーによりますと、室内をいったん暖めた後、エアコンをつけたまま窓を開けると熱が外に逃がさずに換気できるということです。

換気をする際のポイントは、部屋の「対角線の窓」を開けることです。対角線の窓でない場合、空気の通り道が一部しかないため、部屋全体の空気が換気されずに効果が小さくなります。一方、対角線の窓を開けると空気の流れがよくなるため、より効果的な換気ができます。また、窓がエアコンの室内機と近い場合は、引き違い戸の室内機から遠い方の窓を開け、室内機からより離れた窓を開けた方がエアコンの負荷が少なく、省エネにもなるということです。室内に窓が2つない場合は、台所の換気扇でも代用できます。

例年とは違い、快適な室内を保ちながらも定期的な換気が求められる冬の過ごし方となりそうです。