約1.4倍のストレッチ性、テレワークに最適な「すわりシゴト専用パンツ」が洋服の青山から

©株式会社BCN

青山商事は、座った状態での仕事が多いテレワーク向けの商品として「すわりシゴト専用パンツ」全国の「洋服の青山」とオンラインストアで10月29日から販売する。税別の販売価格は5900円。

一般的なウール/ポリエステル混紡生地を使用した場合、“横方向”へのストレッチ性が主流だが、すわりシゴト専用パンツは独自の織り・仕上げ技術の生地によってウール/ポリエステル混紡生地でありながら“縦方向”に約14%のストレッチ性を実現している。同社の従来品と比べて、約1.4倍のストレッチ性で、着席時の下半身の窮屈感を緩和するという。

さらに、腰部の後ろ側にアクションプリーツ(特許第6746822号)を取り付けており、着席姿勢に合わせてプリーツが広がることでヒップ部に感じやすい生地の張りを軽減するほか、膝部にゆとりを持たせる立体縫製を取り入れることで着用感を向上させている。