麺も旅も 広神楽しんで 魚沼でスタンプラリー

©株式会社新潟日報社

「麺旅ひろかみ」に参加するレストラン喫茶「モンテローザ」。海賊ラーメンなどを味わえる=魚沼市下田

 新潟県魚沼市広神地域で、飲食店の麺類を食べ歩いてもらう企画「麺旅ひろかみ」が始まった。11月末までの期間中、参加店舗の麺類を対象としたスタンプラリー。「魚沼はお米だけでなく、ラーメンやそばのおいしさも負けていない」とアピールしている。

 広神地域はJR只見線と国道252号が並行して走り、ラーメンやそばの専門店のほか、パスタを提供するレストランが点在する。企画は店舗のPRと鉄道沿線の活性化を兼ねて始まり、今年で3回目となる。

 今回は10店舗が参加。一定数のスタンプを集めると対象店で使える食事券がもらえる。下田のレストラン喫茶「モンテローザ」では魚介類あんかけの「海賊ラーメン」などを提供。「これを機会に食べに来てほしい」と期待した。

 問い合わせは広神商工会、025(799)3279。