三菱電機、兵庫・尼崎地区の事業所で12人が新型コロナ感染 感染経路不明

©株式会社神戸新聞社

国立感染症研究所で分離された新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真像(同研究所提供)

 三菱電機は28日、伊丹製作所(兵庫県尼崎市)など尼崎地区の事業所に勤務する従業員12人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。2人は県が25日に発表した患者で、伊丹製作所の従業員。10人が28日に県が新たに発表した患者で、うち8人が同製作所に勤務、残りの2人は同じ敷地内にある通信機製作所に勤務しているという。

 同社広報部によると、いずれも所内の作業に従事する立場で、外部に出る仕事ではなかったとする。同社は、接触があった可能性がある従業員を自宅待機とし、一部エリアの消毒を進めている。感染経路については「特定には至っていないと認識している」とした。(大盛周平)