秋の天気は変わりやすい

©株式会社サニースポット

2020年10月28 秋の天気は変わりやすい (解説:気象予報士 #穂川果音)

秋は過ごしやすい陽気の日が多いですが、天気には、大きく2つの特徴があります。 まず一つ目は、天気は周期的に変化する。 これは、どういうことかというと、日本列島の上空には、偏西風が下りてきます。このため、周期的に、低気圧や前線などが、通過するためです。 日本列島には、前線や、温帯低気圧によって、雨がもたらされたかと思いきや、2~3日後には、移動性の高気圧がやってきて、晴れをもたらします。 ただ、この晴れの天気は長く続きません。 2~3日もすると、この高気圧は、東に離れて、再び、前線や低気圧などがやってきます。このため、周期的に天気が変化するため、洗濯物の外干し、 そして、洗車などは、週間天気予報必ず確認するようにして行って下さい。

そして、2つ目です。 2つ目は、一日の気温差が大きい。 これはどういうことかというと、秋晴れの天気で、太陽からの熱で、地表は熱が蓄えられます。 そして、日中の気温は、20度前後と、とても過ごしやすいんですが、夜になると・・・地面に蓄えられた熱が、上空に逃げて行きます。 このため一気に気温が低くなることが多くなります。 特に、風が弱かったり、雲がない日。こういった日は、気温がぐっと低くなりやすいです。 また盆地などは、冷たい空気が、留まりやすいため、気温が著しく低下する傾向にあります。 最低気温が、4度を下回ると、霜が発生することもあり、注意が必要です。

というわけで、秋は快適な天気の日が多いですが、この二点に注意しましょう。 まずは一日の気温差が大きいため、調節できるような服装で過ごすこと。 2つ目です。2つ目は、霜などが発生することもあります。 農作物の管理はしっかりと行いようにしましょう。

#秋 #天気 #雨 #気温 #放射冷却 #霜 #寒暖差 #服装 #農作物 #注意