詐欺注意を呼び掛け 湯河原で防犯キャンペーン

小田原市・箱根町・湯河原町・真鶴町

©株式会社タウンニュース社

詐欺注意を呼び掛ける参加者

小田原地方防犯協会湯河原支部と防犯指導員湯河原町連絡会、湯河原町、小田原警察署は10月16日、マックスバリュ湯河原店とファインズで詐欺等の注意を呼び掛ける防犯キャンペーンを行った。県では、11日から20日の10日間を安全安心まちづくり旬間として定めており、同活動はその一環として行われた。

キャンペーンには、関係者のほか冨田幸宏町長など約30人が参加。来店客に「詐欺が増えています。気を付けてください」と声を掛けながら、注意書きがされたウエットティッシュなどの啓発グッズを手渡した。防犯指導員湯河原町連絡会の小澤千鶴子会長は「町内でも詐欺の電話が多くかかってきている。手口は巧妙になっているので、自分は大丈夫と思わず常に気を付けてほしい」と話した。