【北海道の天気 10/28(水)】初雪遅れる北海道 いつ降るの・・・?ズバリ予報士の本音

©北海道文化放送株式会社

(菅井貴子気象予報士が解説) 午後6時30分現在

◆今夜から雨

大気の状態が不安定です。

今夜遅くからあすにかけて、強い雨、雷、突風の恐れがあります。

上空に寒気も流れ込み、季節を進める雨となりそうです。

◆初雪予報

札幌の初雪の平年日は10月28日で、きょうに当たります。

稚内や旭川でも、すでに遅れています。

気象資料に基づいて、予報士の本音をお伝えすると・・・

「降るかも」・・・10月30日(金)

ただ、降っても雨に雪が混じるみぞれです。積もることはなさそうです。

「降る!自信あり」・・・11月4日(水)

雪雲が発達するため、積もりそうです。

ただ、このタイミングで降らないと、予報士も自信が持てなくなり、ウィンタースポーツなどの影響も出てくるため、

もはや、お願いモードになりそうです。

次に強い寒気が流れ込むのは、11月11日(水)ごろです。

このころに降ると、積もるほどの雪になりそうです。

◆あすの天気

午前中は、道東を中心に、雷雨となりそうです。

午後に雨はやんでも、大気の不安定な状態が続くため、にわか雨の所もあるでしょう。

◆あすの気温

日中も、15℃に届かない所が多く、

きょうよりも3~6℃も低くなりそうです。

ウールのコートや、ストールなども欲しい寒さです。

◆週間予報

今週は、金曜日が寒さのピークです。

旭川など道北は、初雪の可能性があります。

週末は、秋の高気圧に覆われるため、青空が広がるでしょう。

最後の紅葉狩り日和となりそうです。

来週木曜日は、札幌・旭川・稚内で、雪の予報です。

道北では、平地でも、雪が積もるでしょう。