JR東海、赤字1920億円に

21年3月期、民営化後初

©一般社団法人共同通信社

記者会見するJR東海の金子慎社長=28日午後、名古屋市

 JR東海は28日、2021年3月期の連結純損益が1920億円の赤字(前期は3978億円の黒字)になるとの見通しを発表した。通期で赤字となるのは、1987年の国鉄民営化以降で初めて。売上高も前期比53.2%減の8630億円と大幅減収を見込む。

 同社の収益の柱である東海道新幹線の利用客が、新型コロナウイルス流行で激減。新幹線の収入は今年4~9月が前年同期比で75.4%減と大幅マイナスになり、10月以降も需要は急速に戻らないと判断した。ホテルや百貨店事業など、鉄道以外の業績も苦戦が続く。業績予想はこれまで未定としていた。