JTB、単身赴任せず異動

社員の働きやすさ向上

©一般社団法人共同通信社

 旅行大手のJTBは28日、従来なら転勤が必要だった異動が発令されても、単身赴任せず自宅に住み続けたままテレワークで仕事ができる制度を10月に導入したと発表した。新型コロナウイルス感染症の流行を受けた社会の変化に対応し、社員の働きやすさを向上させる。

 この制度を利用できるかどうかは、希望する社員の業務によって会社が判断する。単身赴任中でも自宅に戻ることができるほか、結婚で配偶者の居住地へ引っ越す社員が、現在の職場に籍を残しながら働き続けることが可能になるという。